在庫販売
madder madder

harvest festival skirt

(収穫祭のスカート)

通常価格
¥17,500
販売価格
¥17,500
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

残り 0 アイテムです。

- +





「ペイズリーのスカート!(セットアップ可能)」

祭りと言えばヤンキー。
ヤンキーと言えばペイズリー。
ペイズリーと言えば植物。
植物と言えばお花。
お花と言えば実。
実と言えば豊穣。
豊穣と言えば祭り。
あら、なんて祭りにぴったりな服なんでしょう。

同じ生地でブラウス(harvest festival blouse 「収穫祭のブラウス」)も作りました。
ぜひセットアップで楽しんでいただきたくて、ブラウスのシノワズリなイメージに合わせたデザインのスカートにしています。

ペイズリーの柄が思う存分堪能できるロングのスカート。
ウエストにギャザーを寄せて、Aラインにしています。
後ろはゴムで着脱簡単ですが、フロントはカマーベルトのように数段折ってスッキリと&ペイズリーにぴったりなハンサムなデザインに。
もちろん、ポケットも付いています。

ブラウスとセットで着る際、スカートの中にインするのか、アウトにするのか、とても悩むと思います。
どちらもとても、素敵です。
ブラウスを羽織として、中に一枚、タートルやカットソーなどを着る場合は、少しラフにアウトするバランスもいいと思います。
反対に、インすると、一体感が生まれて、まるでセットアップではなく、ドレスのような雰囲気に。
とてもクラシックで、これもまた、いいです。

セットアップをおすすめしていますが、もちろん、スカート単体でも。
ペイズリーの色がしっとりと落ち着いているので、トップスに柄物を持ってきても、不思議と喧嘩しません。
海外の街中を歩いていると、柄物のトップスにペイズリーのボトムスを合わせている老若男女をよく見かけたのを思い出しました。
ボーダーやドット、違う植物柄など、いろいろとお試しください。
もちろん、無地でも。
春夏はペールトーンを合わせて、秋冬はカーキやカラシなどこっくりとした色を合わせて。
(と言いつつ、冬にペールトーンのモヘアニットを合わせてヴィンテージショップの店員さん、みたいにしてもかわいいなあ、と妄想です)

厚手ではないコットン100%のため、暑がりさんでなければ、オールシーズン着用いただけます。
柄物なので、透け感はさほど気になりません。

同シリーズの「harvest festival dress (収穫祭のドレス)」は、赤系の細かいペイズリーを採用していますが、こちらはブラックベース。
ブラウン、パープル、グリーン、ベージュなどが入り、ぐっとハンサムな印象です。
ブラウスとスカート、別々でももちろん無限に着たいコーディネートは浮かぶかと思いますが、「お祭り」のような特別な日には、やっぱり「harvest festival blouse (収穫祭のブラウス)」と、ぜひセットアップでスペシャル感も楽しんでみてくださいね。


おすすめスタイリング wiz...
harvest festival blouse、candy sleeve anorak、Milky wrapping tunic blouse



商品コピーはデザイナーによって書かれています。生地や商品の取り扱い、仕様につきましては下記内容をご参照ください。


【サイズについて】

freeサイズ。

freeサイズ
ウエスト (最小)約 62 cm ~ (最大)約 100 cm
着 丈 約 93 cm
ヒップ 約 100 cm
(参考) モデル身長 = 159 cm

【その他仕様】
裏地なし / 両脇ポケット / ウエストゴム仕様

【お色について】
BLACK(ブラックペイズリー)

【生地について】
綿100%

【お洗濯について】
ご自宅でお洗濯可能。

※予約及び在庫販売のご注文後のお客様都合によるキャンセルは承りかねます。

※不良品以外の返品交換はご容赦下さいますようお願い申し上げます。サイズをよくご確認の上ご購入頂きますよう、ご理解のほどをお願い致します。

※サイズ表記において、生地やデザインによって誤差が生じる場合があります。あくまでも目安としてご参照ください。